2013年12月28日土曜日

ZEROPLUSロジックアナライザをWindows8で動かす方法

ZEROPLUSロジックアナライザ64kビット16ch100M LAP-C(16064)
秋月電子¥12,500
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-04426/

Windows7/Windows8で動かすのにちょっとはまりましたので記録しておきます。(2013/12時点)

上記の秋月のページに説明がありますが、Windows7(64bit)で使うには以下のメーカーサイトから64bit版ソフトをダウンロードします。

http://www.zeroplus.com.tw/logic-analyzer_en/technical_support.php
検索画面から以下のように入力してサーチ

Product=Logic Analyzers
Series=LAP-C Series
Model=LAP-C(16064)
Donwload Item=Software

一覧から、Software LAP-C(16064) V3.12 2013-02-08を選んでlac_s31200_all.zipをダウンロード

・lac_s31200_all.zipを解凍しSetup.exeを実行
・Application SetupとDriver Setupを行う

これでWindows7では動きました。

同じことをWindows8でやってみるとUSBドライバがうまく入らず調べると、

Windows7では、

C:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\に
・bulkusb.inf
・bulkusb.sys
・bulkusb64.cat
・DPInst.exe
・set.ini
・UpDriver.exe

がセットアップされているが、Windows8では、

C:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\に
・DPInst.exe
・set.ini
・UpDriver.exe

しか入っていない。そこで、

lac_s31200_all\Driver Setup\Data1.cabを解凍し、以下のファイルを
C:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\に
コピーして、リネームします。

・bulkusb.inf8(inf6も中身同じ) → bulkusb.infにリネーム
・bulkusb.sys7(sys4,sys5,sys6も中身同じ) →bulkusb.sysにリネーム
・bulkusb64.cat3(cat2も中身同じ) →bulkusb64.catにリネーム

コントロールパネル~デバイスマネージャで、ロジアナが!マークになっているので
プロパティから手動でC:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\を
指定してドライバセットアップでWindows8でも動きました。


赤外リモコン信号をキャプチャした様子


 
スクリーンショット

0 件のコメント:

コメントを投稿