2013年12月28日土曜日

DSO nano v3にBenFファームウェアを入れる方法

Seeed Studio TOL01241P DSO Nano v3
千石電商 ¥10,350
http://www.sengoku.co.jp/mod/sgk_cart/detail.php?code=EEHD-0SKF

超小型デジタルストレージオシロスコープです。2013/12現在、v3モデルTOL0124Pが販売されていますが、いろいろはまりましたので記録しておきます。

DSO nanoはオープンソースプロダクトだそうで、そのまま使ってみると、以下のような問題がありました。

・画面に波形演算比較用のリファレンス波形が表示されっぱなしで消せない
・シングルトリガを選んでもトリガがかからない

ネットで調べると最新版公式ファームウェアV4.22がありそれを入れて見ましたが、リファレンス波形はOFFにできましたが、シングルトリガは動きません。

http://www.minidso.com/bbs/read.php?tid=301
2013年07月25日更新:V422 201V4_22.zip (38 K)

さらに調べると、ユーザーが開発したBenFファームウェアのv3対応版が見つかりました。

http://www.seeedstudio.com/forum/viewtopic.php?f=22&t=4823&start=10
LIB301_APP311_2.ZIP [36.29 KiB]

LIB301_APP311_2.ZIPを解凍すると、以下の二つのインテルヘキサファイルが入っています。

DS_LIB.hex
DS_APP.hex

これを使って以下の手順でファームウェアを更新します。

・電源を切ったDSO nano v3をUSBでPCに接続
・下向き矢印スイッチを押しながらDSO nano v3の電源を入れるとUSBドライブが現れる
・USBドライブにDS_LIB.hexをコピーすると自動的に更新され拡張子が.rdyになる
・一度DSO nano v3の電源を切る
・下向き矢印スイッチを押しながらDSO nano v3の電源を入れるとUSBドライブが現れる
・USBドライブにDS_APP.hexをコピーすると自動的に更新され拡張子が.rdyになる
・DSO nano v3の電源を切る
・DSO nano v3の電源を入れると、BenFファームウェアタイトル画面が表示され初期化中となる
・しばらくまってから電源を切る

次に電源を入れると、v3用BenFファームウェアが起動します。
BenFファームウェアの最新版ではないようですが、シングルトリガは動きます。

 
赤外リモコン信号をシングルトリガでキャプチャした様子
 
トリガモードでシングルを選んで、Aボタン(RUN/STOP)を押すと、画面左上のSINGLE文字が緑(トリガ待ち状態)となり、トリガがかかると赤文字になります。
 
v3用BenFファームウェアでは内蔵NANDドライブへの画面キャプチャが対応していないようですが、ポータブルオシロとしては十分な性能かと思います。
 

ZEROPLUSロジックアナライザをWindows8で動かす方法

ZEROPLUSロジックアナライザ64kビット16ch100M LAP-C(16064)
秋月電子¥12,500
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-04426/

Windows7/Windows8で動かすのにちょっとはまりましたので記録しておきます。(2013/12時点)

上記の秋月のページに説明がありますが、Windows7(64bit)で使うには以下のメーカーサイトから64bit版ソフトをダウンロードします。

http://www.zeroplus.com.tw/logic-analyzer_en/technical_support.php
検索画面から以下のように入力してサーチ

Product=Logic Analyzers
Series=LAP-C Series
Model=LAP-C(16064)
Donwload Item=Software

一覧から、Software LAP-C(16064) V3.12 2013-02-08を選んでlac_s31200_all.zipをダウンロード

・lac_s31200_all.zipを解凍しSetup.exeを実行
・Application SetupとDriver Setupを行う

これでWindows7では動きました。

同じことをWindows8でやってみるとUSBドライバがうまく入らず調べると、

Windows7では、

C:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\に
・bulkusb.inf
・bulkusb.sys
・bulkusb64.cat
・DPInst.exe
・set.ini
・UpDriver.exe

がセットアップされているが、Windows8では、

C:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\に
・DPInst.exe
・set.ini
・UpDriver.exe

しか入っていない。そこで、

lac_s31200_all\Driver Setup\Data1.cabを解凍し、以下のファイルを
C:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\に
コピーして、リネームします。

・bulkusb.inf8(inf6も中身同じ) → bulkusb.infにリネーム
・bulkusb.sys7(sys4,sys5,sys6も中身同じ) →bulkusb.sysにリネーム
・bulkusb64.cat3(cat2も中身同じ) →bulkusb64.catにリネーム

コントロールパネル~デバイスマネージャで、ロジアナが!マークになっているので
プロパティから手動でC:\Program Files(x86)\PC-Based Instrument\ZEROPLUS\DRIVER\を
指定してドライバセットアップでWindows8でも動きました。


赤外リモコン信号をキャプチャした様子


 
スクリーンショット